山梨→お江戸の外れ→兵庫  へ転勤になった酒好きの番頭さん。望むは酒蔵のある土地!さあどこまで行くか♪


by tdspl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

やっぱり物事波がありますな。
コンセントの100V交流電気が+-入れ替わって
波をかくように、日々生活でも波がある。
枠を広げてみると波には共鳴が絡むからややこし
い様で面白い。
理科の実験で「おんさ」って実験したことがあるか
いな?。
二つを対に配置して、一方のおんさを「コン」とたた
くと反対側のおんさが勝手に鳴り出すやつ。
これは少しでも相手と合わなかったら共鳴しない。
日々生活でも同じと思う。
ただ少し違うのは、人はマッチングを取って共振点
を少しでも調整できること。

少し話が脇にそれたけど、今日番頭さん宛てに面白
い話があった。
なるかならぬか・・・?だけど、よい風が吹きそうな話。
詳細はまだ言えませんが、改めて波というものがあ
るんやなとつくづく思った。
これが実現すれば10年越しというところか。


しかしながら人対人でなく組織が絡むため過度な期
待は出来ない。
でも「波」の存在を改めて理解できただけでもひとつ
プラスになった。
[PR]
by tdspl | 2006-01-31 00:13 | 仕事

富士の麓

転勤して約1年、やっと行ってきました

「麒麟御殿場蒸留所」

富士山を眺める静かな場所にある。
しかし、見学はセルフサービスで少し物足りな
かった。
ほかに客がいなかったからか、後からきた団体
にはアシスタントがついていた。
とぼとぼと説明機のスイッチを押しながら順路を
進んでラストは足早にお楽しみの試飲コースへ。
場内見学中は撮影禁止で、あとから見学路設
定をしたのかブレンダー室の横も通る。
ひとつ難点は試飲時のグラス(有料試飲も含む)
が口の広い普通のグラスしかないのが難点。
このグラスでの試飲は、モルトを普段飲まない人
や入門の方には麒麟の性格も相まって少しきつ
いかも。
広口グラスでストレートで試すと「飲みにくい」と
言うイメージをもろに与えると思う。
なれない方には氷を入れての試飲をお勧めする。
でも試飲の種類ここは多かった。

さあ、次は宮城峡でもいくかな(笑。


写真は工場での限定品と入り口看板。
(看板は撮影失敗・・・)
e0023769_23351760.jpg

[PR]
by tdspl | 2006-01-30 00:46 |

さむいな

ほんま山梨は寒い…。
山々があるおかげで雪こそは降らないけど
空っ風がしっかり吹くから低湿度。
三十路の肌にはつらいのよ。
静電気も凄いし。

今日は25日で給料日。
そんなことも忘れて今日もバタバタしてまっさ。
[PR]
by tdspl | 2006-01-25 23:25 | その他なんなりと

巷では・・

えらいことになってまんな。
やはり「地位・金・名誉」を手にすると、人は
おかしくなるのかな。
つかむまでは血のにじむような努力をしてい
たと思うけど、何か一つをつかんだ時点で欲
にかられて脱線していくのか・・・。
賢い人を集めすぎても同様のケースになる
事例もありますし。
物事でたらめはなことをすのはいかんけど、
湯加減同様で物事

「ええ加減」

にしとかなあきませんな。
[PR]
by tdspl | 2006-01-24 00:11 | 仕事

記憶

いつも通りの朝を迎え、いつも通りに仕事に向かう
仕度をする。
何の変哲も無い今日の朝。
しかし11年前の朝は違った。
突然に下から突き上げる衝撃と、続く激しい揺れに
襲われ、身動きが取れなかった。
とどめは棚の上のものが襲いかかってくる。

「阪神大震災」

多分一生で一度経験するかどうか。
起きてしばらくの間続く変な船酔い状態。
時間が刻々と過ぎ、TVで映し出される映像は

「・・・・」

言葉にならん。
会社に電話を入れ状況を確認した。

「とりあえず京阪は動いてるから出てきてくれ」
「了解」

短いやりとりの後、即会社へ。
出勤してきている面子だけで安否確認をどんど
ん進めていく。
しかし電話がつながりにくい。

「固定電話はあかん携帯電話無いか!」

当時は携帯の保有台数も少なくあるだけ集め
電話をかけまくる。
今は駄目だけど、携帯の優先順位が公衆電話
の次位とつながりやすかった。
その後単車乗りを集めて救援隊を結成し、安否
確認がとれない方の捜索と、物資運搬を開始。
当初は市内から出発していたが、時間が無駄な
ので武庫川にトラックで資材ベースを作りそこか
ら救援活動をした。

被災地に入るほど地獄絵巻が広がり、鳴り止ま
ない救急車のサイレンの音が耳につく・・・。
家に帰り寝てても耳の奥でサイレンが鳴る感覚
に襲われた。
忘れもしない惨状。
道を誤り、出たところの真上には落ちかけたバス
があり、マンションの最上階まで上り詰め、あまり
のしんどさに壁にもたれて見た風景は傾いていた。

家を探し、そこにいなければ避難所を探しまわる。
なかなか見つからない、声もかれていく。
見つかった時は嬉しかった。
安否確認を終え、帰り道のヘルメットの中では涙
顔の日もあった。


月日がたつのは早く、発生から11年。
未だに救急車の音を聞くと鮮明に思い出す。
あの惨状だけは忘れることは出来ない。
[PR]
by tdspl | 2006-01-17 23:53 | その他なんなりと

CD

CDレンタル店に行ってきた。
何年ぶり? 最低でも4年は行ってない。
CDは結構パチンコの景品でとってくるパ
ターンが多く、あまり借りていなかった。
転勤以来しまったままのCDデッキだMD
を引っ張り出していざ編集開始。
でも困ったことに当家は壁が薄いのでヘ
ッドフォンが必須。

「・・・・」

壁厚が普通の家に移りたい。
[PR]
by tdspl | 2006-01-15 00:36 | その他なんなりと

今日は雨
ベランダから見る景色はもやがかかっている。
さあ何するべ・・。
週末に雨が降ると困るのよ。

「おんもで遊べない」

次回来週水曜日に予定していたアイロンがけを
前倒しするか(笑。
[PR]
by tdspl | 2006-01-14 13:42

運転マナー

山梨には面白い交通標語の看板がある。

「やめようよ 自分のマナーで走るのは」

初めて見た。思わず笑えた。
確かに山梨の交通マナーは最悪。
マナーが悪いと言われる大阪の人間から
見ても怖い。では何故か・・・?。

「次の動作が読めない」

結構「いきなり」の動作が多い。
おまけにびったり後ろにつけてくる。
事故内容「日本でおかまNo1」の意味もわ
かった。
人が少ないし車線も2車線以上は無い。
そりゃラフな運転でも通用するわいな。
高速の方が稼ぎが良いのか?一般道では
山梨県警も見ることは無い。
高速で他府県ナンバー狙いをしとる。
先日も中央道で狙われたが隠れ方がヘタ。
交通量がすくないからして高速バス停に一
旦身を隠して再度狙う古典的な手法つかう
なんてなぁ。
大阪じゃトラックを隠れ蓑にしたりあれこれ
考えて攻めて来るけど・・・。


しっかし、べったりつけてくる割には止まりき
れない奴が多いのには困る。
つけてくるなら前の車の動きの3っつ先まで
読めよって。

未だに慣れない変に強気の山梨の交通マナー。
[PR]
by tdspl | 2006-01-14 00:14 | その他なんなりと

強化燃料ポンプ

強化燃料ポンプと書けば「車か!」と思いきや、
灯油ポンプを強化。
番頭は寒さに弱い・・・。
玄関先に灯油を備蓄?しているが、これまた
家の中で一番冷える箇所。
灯油が切れたらここで給油作業。
寒さに耐え鼻歌交じりに

「スポスポスポスポ♪」

やってられるかい!

正直なところ最初は給油作業を楽しんでいた。
でも、寒さには耐えれん・・ということで電池式
ポンプを買ってみた。
これが結構「具合よろしい」の一言。
満タンでちゃんと止まるし、何を言っても早い!。
見た目もスマート?で、おまけに満タンになると
ブザーが鳴る。

でも楽ありゃ苦ありで、いつかドバッ!と溢れさす
んやろな。

写真は番頭家灯油備蓄状態と新ポンプ
(奥:手動加圧式 / 手前:電池式)

e0023769_0374225.jpg

[PR]
by tdspl | 2006-01-13 00:41 | その他なんなりと

春に向けて

久しく単車に乗っていない・・・。
春への楽しみを作るべく、単車を整備した。

車種は内緒だけど私が乗っている単車は古い。
高校生の時に今乗っている単車がほしくて大型免許をと
り、かれこれ16年の付き合い。
見た目は略ノーマルだけど唯一の自慢は毎日こつこつ
半年かけて組んだ780ccエンジン。
寒空の下、OIL交換しながら買った時分を思い出した。

「一晩でタンク空になるまで走りまくったよな」

走行最高記録は1日で1000km。
走っているだけで楽しかった。

月日は過ぎ去りおっさんに・・・。
髪は長い友達と言うことが嘘と知り、当時のような

「楽しさ、喜び」

を純粋に感じる事を忘れていた。
何かにつけて一番大事なこと。
今回、整備を通して忘れものを見つけた様に感じた3連休
だった。

皆さんはいかがですか?
大人になってから 忘れもの無いですか?
[PR]
by tdspl | 2006-01-10 23:38 | 車と単車